Back Massage

​マニュアル・リンパドレナージとは

マニュアル・リンパドレナージ』(以下MLD)は、リンパ液を流すことに特化した特殊な手法です。

その流れは通常の約20倍にも加速させることができると言われています。

オイルパウダーなどは使用しません。お肌に直接触れ、皮膚のすぐ下0.3mmのところから始まる「毛細リンパ管」に優しくアプローチします。

毛細リンパ管には、水分を取り込む入り口があります。

MLDでは、意図的にその入り口を開け直接水分を吸収させることができます。

 

ただし、押したり揉んだりしてしまうと毛細リンパ管が潰れてしまい、十分に水分を取り込むことができません。

また、血管から余計な水分が滲み出てしまいます。

(強いマッサージにより、余計に浮腫んでしまう方が稀にいらっしゃいますが、このような理由が原因の場合があります)

 

むくみの原因となっている水分や老廃物を効率よく流すには、この「押さない・揉まない」血流を刺激しないことがポイントです。

MLDのメリット

①高いデトックス効果

一般的なリンパドレナージュでは、圧をかけるので血流は良くなるものの、余計な水分や老廃物が血管から滲み出てしまい、リンパのスムーズな流れを妨げます。

その点、MLDは圧をかけずに、リンパ管に直接老廃物を吸収させることができるので排出量が違います。

 

②痛みの緩和

老廃物と同時に炎症物資も流してくれるので、痛みの緩和にも効果的です。

圧をかけないため、痛みの患部に触れることができることもMLDの大きなメリットです。

 

③精神安定

優しくお肌に触れてゆっくりとしたリズムで行うMLDの手法は、副交感神経を優位(リラックス状態)にします。そのため精神的な安定にも繋がります。

ストレス過多、また睡眠にお悩みがある方にもおすすめです。

(当店が行うマニュアル・リンパドレナージによる施術は、治療を目的としたものではありません)

マニュアルリンパドレナージ メリット デトックス 副交感神経 痛み 緩和 精神安定

MLDの歴史 

1932年 デンマーク人のエミール・ボッター博士によって開発される。

 

1936年 MLDを「痩身法」として発表。

 

元々は医療に活用できないか研究されていた。

一緒に研究していたボッダー博士の妻で、美容家でもあった彼女が、

自分のクライアントにMLDを施すとダイエットに大きな効果が現れ、

同時に、多くの人が健康になっていくのを目の当たりにする。

MLDは医療用として研究されていたものの、当初は美容目的で広まっている。

 

1950年代 ドイツ、フィンランドが医療へ導入、その後ヨーロッパ全土に広まる。

 

1972年 ボッターアカデミーが設立される。

 

また、MLDは特にリンパ浮腫 (ガン治療後に起こりうる浮腫み)の治療に用いられているため、ガン患者の増加とともにMLDのニーズが高まる。

 

1980年代 日本の美容業界に導入される。

 

ただ血液に比べてリンパの解明は遅れていた。当時、このMLDをリンパの仕組みとともに正しく手法を伝えられる人がいなかった。

そのため〝伝言ゲーム〟のように広まり、日本独自の手技へと変化してしまう。

それが、現在エステなどで採用されている「リンパドレナージュ」である。

MLD リンパドレナージュ 歴史 エミールボッタ- リンパ浮腫 リンパドレナージュ エステ 美容業界

MLDはリンパドレナージュの元祖?

MLDは〝リンパドレナージュの元祖〟と言えるかもしれませんが、本来のMLDは、①圧をかけないこと、②オイルを使用しないことにも意味があります。

そのため日本独自のリンパドレナージュとは異質のものと言えます。

 

私はMLDの素晴らしさ、まだ知られていないアプローチがあることを多くの方々に知っていただくために、MLD専門店を立ち上げました。

日本では現在、医療現場でもリンパ浮腫の治療として採用されておりますが、リンパ浮腫の治療と混乱を招かないためにも、責任を持ってお客様と向き合い、施術に務める必要があると思っております。

マッサージ リンパドレナージュ 元祖 施術 アプローチ 責任